家庭用脱毛器トリア&ケノンの効果は?また生えてくる?ホーム脱毛と脱毛サロンの比較

自宅で使える家庭用脱毛器も、昔から比べると効果が期待できるようになりました。
全身脱毛となるとかなりの根気が必要になりますが、自宅で一人、こっそり手軽に脱毛がはじめられるということで人気があります。
レーザー脱毛器のトリア 、フラッシュ脱毛器の「ケノン」 が有名で、効果の実証されている人気の家庭用脱毛器はほぼこの2択になるでしょう。

家庭用脱毛器は素人が安全に使えるようにつくられているため、どうしてもパワーが弱く一回の照射にも時間がかかります。
全身の脱毛をしたい場合はプロにおまかせしたほうがいいです。
家庭用脱毛器の進化も本当にすごいもので、効果は出るためほんの一年前ぐらいであればトリアやケノンは本当に重宝していました。
ですが、脱毛サロンの料金が安くなりすぎてしまったのです。

家庭用脱毛器をおすすめしたい方

  • 皆勤賞をとったことがある
    それくらい、一度決めたことを最後まで続けられる方におすすめです。
  • 体が柔らかい
    一人であらゆる部分を照射するには柔軟性が必要です。
  • どうしても何にも変えられないほど裸になるのが恥ずかしい
    恥ずかしいのは最初だけで慣れるものですが、どうしても乗り越えられない方に。
  • ものすごく時間に余裕がある
    毎日がんばれば、一ヶ月ぐらいで全身脱毛一回分ができるかも。
  • 脱毛が完了するまで急いでない
    パワーが弱いために効果が出るのに時間がかかるし、また生えてくるため、定期的なお手入れが必要になります。

狭い照射面積で時間がかかるため、とにかく根気が必要なのです。
自力で背中をきれいに脱毛することは難しいため、家族など協力をしてくれる人も必要です。
少しでも自信がなければやめておいたほうがいいでしょう。
実際に買ってみれば本当によくわかります。
通販に手を出し、買ったことに満足してほとんど使わないダイエット器具などが家にある方は確実にやめたほうがいいです。

家庭用脱毛器にかかる費用

トリアで6万円弱、セール時であれば5万円弱、ケノンで約7万円、これだけで全身脱毛ができればかなり安いし、いつでも好きな時間に、他人に裸を見せる必要がなく脱毛ができるので手軽です。
ですが、どちらも一度の購入で一生使えるというものではなく、バッテリーやカートリッジの消耗で、そのつど購入をする必要があります。
バッテリーは使い方にもよりますが、だいたい2年で消耗してしまいます。使っていないからといって消耗しないわけではなく、久々に使おうとすると電源が入らなくなっていた…なんてことも。

脱毛器を購入して、どの範囲を行いたいですか?
両ワキだけなら今やミュゼプラチナムなど、100円で毛がなくなるまで通える時代。
部分的なコースであれば、脱毛器の値段と同じぐらいで通えてしまいます。
買ったからには全身…と思うかもしれませんが、想像以上に気の遠くなる話です。
それでもトリアが登場してから10年、以前は脱毛サロンは敷居が高かったので、家庭用脱毛器で全身をお手入れされた方も多くいらっしゃいます。
ただただ尊敬します。

脱毛に時間がかかりすぎる

家庭用脱毛器の照射面積はとても小さなものです。フラッシュ脱毛器であれば大きめのサイズもありますが、単純に面積が大きくても、出力が大きいほど照射する準備に時間がかかります。一回の照射でだいたい10秒ぐらいかかるとみておくとよいでしょう。
出力を一番低くすれば、待ち時間なくさくさくと進めますが、効果はあまり期待できません。

照射範囲が狭く、他人にお手入れしてもらうことに抵抗のあるVライン、Iライン、Oラインには最も向いているような気がするのですが、オフィシャルでは禁止されているため自己責任です。
顔の鼻から上部分(目・眉毛・まぶた・まつ毛などの目元や額、こめかみ、ほほ骨、鼻の穴)や、他の部分より色が濃いところにも使えません。これは医療脱毛であっても難しい部位です。自己判断はとても危険です。
ワキも範囲が狭いけど、ワキだけのためであれば、100円でできるミュゼプラチナムにおまかせしてしまいましょう!

比較をすると、家庭用脱毛器で片方のワキを終わらせる時間で、サロンの脱毛は片方のひざ下が終わっています。感覚的にはこれくらいの違いがあります。脱毛サロンで一回体験をすると、あまりのスピードの違いにくじけてしまい挫折してしまうのです。
全身脱毛専門店 シースリーで最新脱毛器の動画を見るとびっくりします。
全身脱毛が最短45分、家庭の脱毛ではひざ下だけで45分かかります。

とにかく痛い!

痛みの感じ方についても、サロンと比較をすると、今まで痛みにがまんしながらがんばっていたのが嘘みたいです。
家庭用脱毛器でも場所やレベルによっては無痛ですが、効果を期待するならレベルは最大かそれに近い設定にしたいところです。毛が太いところや骨に近いところは深く刺されるような痛みがあります。レーザーでも、フラッシュ脱毛器でも同様に痛みがあります。
場所によっては照射一回ごとに冷やさないと無理なので時間もかかります。

それでも毛がなくなるなら…と我慢はするものの、サロンでのあまりの痛みのなさには驚きました。
医療レーザー脱毛となると、やはり痛みはありますが、一回の範囲が広いのと、最新の機械では照射の前に冷気が出るので、深く長く続くような痛みはありません。
メディオスターNeXT、KM新宿クリニックのHAYABUSAなど、医療レーザーでも痛くない機械へと進化してきています。

めんどうで挫折してしまう

そうは言ってもとにかく「安さ」にはかないません。
痛いのもがまんするし、時間はいっぱいあるし、がんばる!そう思っていざはじめてみたものの、実際はめんどうになってしまい、なかなかやる気が起こりません。
脱毛はお風呂あがりのきれいな肌状態で行うため、お風呂あがり限定となると時間も限られてきます。
何事も投げ出すことがない真面目な努力家である人以外にはおすすめできません。
脱毛器以外でも、運動器具、ダイエット食品、こういったものに飛びついてはすぐ飽きる…といった経験はないでしょうか。買ったことに満足をしてしまい投げ出すタイプの方には、経験者からの忠告としてサロンに行かれることをおすすめします。
ちなみに、テレビを見ながら照射♪なんてことは絶対ムリです。脱毛中は脱毛以外のことはできません。

一定の期間が経つと、また伸びてくる

家庭用脱毛器で唯一のレーザー脱毛器であるトリアは、家庭用脱毛器の中では群を抜いており、口コミの評価を見ても確かなものと言えます。
照射後は、サロン同様に、しばらくすると力を加えなくてもスルっと毛が抜け、繰り返すことでムダ毛は減っていきます。
ですが、1年、2年経つとまた生えてきます。
もともと、医療脱毛でさえ1~2年、脱毛サロンで2~3年はかかるものなので、家庭用脱毛器で1~2年で結果を出すには無理があるのでしょう。

実は脱毛サロンに通っている人、完了した人にこそおすすめ

ここまで書くと、家庭用脱毛器は買わないほうがいいのかな?と思えますが、全否定ではありません。
パワーは弱いながらも効果は確かにあるので、抑毛目的やピンポイントの照射にはおすすめです。
特に、すでにエステやクリニックで脱毛コースが終わったけど一部分だけ伸びてきた、という場合などはとても重宝します。
脱毛に2年間通って終わったかのように思えても、数年後に数本生えてくることはどうしてもあるのです。
その数本のためにまた通うのは面倒なので、家でさっと処理できる家庭用脱毛器はひとつ持っていると本当に便利です。

銀座カラーの全身脱毛を1回300円で体験!全身脱毛コースをおためしできちゃいます。